『テイク・ユア・ピル: スマートドラッグの真実』本当の自分は薬を飲んだときか、飲まないときか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

基本的に思考が淀んでいるヨタロぅです。

一時期自分の機能性の低さを痛感しスマートドラッグについて色々と調べたこともあります。

そんなわけで、アメリカのスマートドラッグ事情についてのNetflixオリジナルドキュメンタリー『テイク・ユア・ピル: スマートドラッグの真実』を見ました。

Directed by Alison Klayman. With Eben Britton, Dr. Wendy Brown, Anjan Chatterjee. Every era gets the drug it deserves. In America today, where competition is c...

In a hypercompetitive world, drugs like Adderall offer students, athletes, coders and others a way to do more -- faster and better. But at what cost?

超おすすめです。

薬物にまつわる刺激的な話は興味深く、社会階級との関連、スポーツ業界と広範に渡るテーマが一つの薬に集約されていく明確な語り口。さらにADHD、注意欠陥多動性障害についての認識など、病気の認定とはなにか、薬を飲むべきか否かと、こちらに問いかけてくる部分も鋭い。

本作の主題となるのは、「アデロール」。

覚せい剤と同じ成分、アンフェタミンを含有しているADHDの薬。

日本では、アンフェタミンが含まれている時点で違法なため所持もできない薬。

アメリカでは、一定の制限があるものの処方箋さえ出されば合法的に使用できる薬だ。

しかし問題なのは、消費量のあまりの多さ。

学力向上や、仕事に集中するために常習する者が圧倒的に多い。

もはやアデロールは、アメリカ社会に溶け込んでいて無くてはならない者になっている。

日本で言えば、バファリンと名前を聞くだけで頭痛薬だと分かるように、アデロールと聞けばどんな薬かも使い所も分かるようになっている。

ポップカルチャーでの浸透度も高く、シンプソンズやサウスパークでネタにされるだけでなく、平和な学園モノでも名前を聞くほどだ。

本作に登場する取材対象者は多岐にわたる。大学進学のために服用する者。仕事のため。ADHDと判定されながら服用を拒む者。

見ていて考えさせられるのは、薬を飲むのは是か非か。

勉強のためにのむ学生は、薬を飲むと性格が暗くなるような感覚を覚えながら「大学を卒業するまでは、自分らしさを犠牲にしても学力を上げたい」と自身で選択している。

薬を飲まないと仕事にならないというプログラマーは「薬を飲んでいるのが、自分の本来の姿、能力だ」と断言する。

ウォール街で働く証券マンは「高学歴からウォール街に来る上でアデロールは欠かせない」という。ウォール街付近の処方箋を出してくれやすい医者も仲間内では常識となっている。

私個人の感覚では、薬を飲むのは悪いこととは思わない。処方箋が必要とはいえ、合法なんだから。

自分自身に対する手触りの悪さが、薬を飲むことで解消されるのであれば、そんな幸福なことはない。

本作でも、NFLの選手がアデロールの服用によって一流選手になった話が出てくる。もちろん、後に代償を払うことにはなるが。

話の例にも出てくる映画『リミットレス』のように、能力が向上し、最終的に副作用さえなくなるような薬がアレば、進んで購入したい。

自分を肯定し続けて生きていけるほど強い人間は少ない。それに漬け込む製薬会社はやまほどある。

今後も新しい薬が作られていくだろうし、正直それに期待している。あとはそれに対応できるよう知識を得ておかなくては。そのためにも見ておくべき映画。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする