キャッツは評判通りだから是非映画館でって感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ゲンコー置き場】さらっと言葉が出てこないのが悩みです。

@@@@@

こんにちは
人というのは、良きにつけ悪しきにつけ、未知なるものを望んでいるのではないでしょうか。
ってわけでキャッツですよ
全米が泣いたなんてキャッチコピーは一時期流行りましたが、本作は公開される以前から批評家から悲鳴に近い酷評が相次ぎ 
公開されて観客たちもうなだれ
さしずめ、全米が震撼したそんな評価が、日本公開前から広まってたわけですが、
とにかく早々と結論をいいますと、評判通りです。
そして私の言いたいことは、だからこそ見る価値がある。
熱にうなされてみる悪夢のような、圧倒的ビジュアル。
とにかく、猫と言っていいのかわからない登場キャラクターの造形で、この映画は唯一無二の作品になりえたわけです。
あえて言うまでもないことかと思いますが、舞台上に立つ猫の衣装を着込んだ役者たちを見て、観客は猫そのものを想像しながら 見るわけで、
こんな生物がいると思ってミュージカルを見ていた客などいないわけですよ。ま、いたらすみませんけども。
とにかく舞台は、造り手と観客が一緒にリアリティを作り上げる共犯関係のようなものがあって、かなり曖昧な現実感を持っていると思うのですが
映画の場合は、作品側が一個のリアリティを提示して、観客はただ受け入れることになり、リアリティの作り方自体がかーなり違いがあります。
それで、その映画の中に何が写っているかと言うと、要るとは思っていない生物がそこらじゅうを闊歩している様
映画導入部で顔は映らないのですがちらっと人間の姿も出てくるので
この猫とは言い難い人面の生物は見たままの姿で生息する、そのんなイカれた世界観に思えてくるわけです。もしかしたら食物連鎖のヒエラルキーすべてが人面なのかなと想像が広がりますね。実際それを思わせる狂気じみたシーンもあるし
この顔、体、頭の先から指先足先、尻尾の先まで、どこを切り取っても気持ち悪さをふくんでいるという 不快感の金太郎みたいな。猫耳を見て猫かなっと思ったら、眼の大きさが変、人間っぽいけどミミの一が違う。毛だらけなのにすらっっとながい指先。
もし猫が人間みたいに進化したら、なんて凡庸な考えの範疇に収まらない、
ねこと 人間をかけ合わせた分布図ののどこにも存在しなような、人面犬の親戚みたいななにか。
眉毛音眉毛 ひげアンドひげなど間違った要素の集合体が街を練り歩く。
キャラクターのおかげで、小さいのに頭身高めのすらりとした人に見える生き物が画面に写っているだけで、縮尺がおかしな事になっていて、画面構成もいびつな感じがしてくる。
くらくらする感じは、劇場の大画面と相性がいいですし
歌は名曲を名優たちが歌い上げて聴き応えは抜群。
ただしストーリーは、会ってないようなものなので、退屈感は強いかもしれません。
原作ミュージカルも、いろんな猫たちのいろんな歌を楽しく聞いていくというようなないようなので、原作通りといえばそうなんですけど
映画版はそれを補うために、主人公格のキャラクターを設けて見やすくしようとしているんですが、
結局、この主人公ビクトリアも、いろんな猫の自己紹介に聞き入っているだけで、ただただその場に流されるという観客にしか許されない挙動をしていて全くお話を引っ張る様子もない、かと思ったらクライマックスにいきなり大きな顔しだすので、難なんだお前ってって、マイナス面ばっかり背負わされてます。
でも長年愛さsれたキャッチなー歌はそのまま聞くことができるので、色んな曲目が聞けて、バックに頭のおかしな映像が流ているサイケデリックなフェスに参加するような気持ちでいけば楽しめるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする