何事もなく、検査費を払うのみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、連日高熱続きでして、どうにも例のアレではないかとやきもきしておりましたが、結局なんともありませんでした。

とはいえ、なにかの感染症である可能性も高く、それはそれで検査が必要だと。
もう、一度高熱出した時点で、検査をせねば診察が受けられず、診察を受けなければ薬がもらえず、薬がもらえなければ、何が原因であろうと、何かは悪化すること必至。
それ故、検査を強行されてしまったわけです。

とはいえ、しっかりとした診察もせず、コロナじゃなかったからこの薬にしときますかね、ってな処方箋をもらっただけになってますよ。
いや、たしかに陰性でないと話が進まなかったのはわかりますが、ちゃんと診察くらいしてくれないとこの薬でただしいかがわかりませぬよ。
いやもう、ここで手術を受けてしまった以上、全てにおいてクビを縦にふる以外にないのですが。
私にできる抵抗とは、その日は担当医が不在なんだけどどうしましょうかね、とどうするか否かを患者に頼ってくる目線を無視しながら、その日しかいけませんと言い切ることくらいです。
体も懐も弱りっぱなし。いやこの例えでいうと懐は最初から体なわけだからうまいことは言えてないのか。まあいいや。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする