アニメアイコンと著作権を語らう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まあ、陰口みたいなものですが、いちおうここもワールドワイドウェブの片隅ですので日向口というほどあかるみではありませぬが、あいだの反射光口くらいの表向きの発現だと捉えていただければ

さて、いろんなレビューアー動画なんかを見ていると、権利者申立で削除なんてのも見かけるわけです。削除されると、その本数などによって、チャンネルごと抹殺されてしまうので、死活問題です。

そこで、某氏が声掛けをして、画像などを引用利用しながらレビュー動画を作っている面々を集めてディスカッションでもしませんかとの、お誘いがありました。
私も、それほど情報やら知識があるわけでもないですが、一応、数冊本を読んだ程度の見識もありますので、参加しました。

で、誰も触れていないし、私も触れられなかった点があります。
著作権について考えようという発起人の、アイコンがそもそもアニメの版権絵なんですよ。

引用利用というのは、その発言に関連があるときに許されるものであって、文脈に関係ない画像というのは利用すべきではありません。
チャンネルの顔であるところのアイコンがすでに著作権に無視していて、引用とはみたいな話をしても仕方がないわけですよ。

著作権の今後に対するディスカッションの場に、ホッカムリの泥棒ひげできてたらねぇ動画の中身を精査せぬまま黒と決めつけられることもありましょう。

別の方で、動画が消されましたという挨拶の動画のBGMがゲームのサントラの曲だったりと

見識がどうのという以前に、スタートの発想がブースト効きすぎているので、ちょっともうなんというかですね。

ってことで、反射光口終わりにしたいと思います。
まずは、盗んだ顔をやめて、清いふりをしなくてはと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする